Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/9/sd0124689/okinavi.net/data/okinavi_template.pdat on line 28

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/9/sd0124689/okinavi.net/data/okinavi_template.pdat on line 35

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/9/sd0124689/okinavi.net/data/okinavi_template.pdat on line 36

ホーム> 観光ガイド> 首里城

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/9/sd0124689/okinavi.net/data/okinavi_template.pdat on line 57

【世界遺産】 首里城(しゅりじょう)

首里城は沖縄県内最大規模の城(グスク)です。
沖縄の歴史・文化を象徴する城であり、首里城の歴史は琉球王国の歴史そのものとされています。琉球王国は、1429年に成立し1879年までにわたり存在した王制の国で、首里城は球王国の政治・外交・文化の中心として栄華を誇りました。
中国や日本、東南アジアなどとの交易から様々な文物がもたらされ独自の文化が花開きました。

正殿(せいでん、しょうでん)

正殿(せいでん、しょうでん)

正殿は琉球王国最大の木造建造物で国殿または百浦添御殿(ももうらそえうどぅん)とよばれ、文字通り全国百の浦々を支配する象徴として最も重要な建物でした。
正殿を二層三階建てとすることや装飾化した龍柱は日中にも類例がなく、琉球独自の形式といってよいでしょう。
首里城正殿の壁等の彩色塗装には、桐油が塗られています。なお、下地の一部は漆です。
中国や日本との長い交流の歴史があったため、首里城は随所に中国や日本の建築文化の影響を受けています。正殿や南殿、北殿はその代表的な例になります。
正殿裏側は「御内原」(うーちばる)と呼ばれる私的な生活空間に当たります。

守礼門(しゅれいもん)

守礼門(しゅれいもん)

「守礼(しゅれい)」は「礼節を守る」という意味で、門に掲げられている扁額(へんがく)には「守之邦(しゅれいのくに)」と書かれている。「琉球は礼節を重んずる国である」という意味である。
首里城は石垣と城門の多い城であるが、中でもデザイン上バランスがとれ、エレガントな雰囲気のある代表的な門がこの「守礼門」である。中国風の牌楼(ぱいろう)という形式で建立されている。
首里城での多数の城門や建築物には「公式の名称」の他に「別名」が付けられている。それらの呼び名から往時の琉球人の詩的な感覚が読みとれる。
守礼門は古くは「首里門(しゅりもん)」ともいわれたが、庶民は愛称として「上の綾門(いいのあやじょう」と呼んだ。「上の方にある美しい門」という意味である。
現在の門は復元されたもので、その後今日まで沖縄を象徴する観光施設として利用されています。

城壁(じょうへき)

城壁(じょうへき)

首里城の城壁は全ての石積みが曲線になっています。
沖縄戦と戦後の琉球大学建設により完全に破壊されましたが、わずかに旧来の城壁は一部残っています。
この旧来の城壁は復元の際に発掘され、そのまま利用されたので地表近くで姿を見ることが出来ます。これが唯一残ったオリジナルの首里城の遺構になります。
復元された建物や城壁は世界遺産には登録されていません。

琉舞(りゅうぶ)

琉舞(りゅうぶ)

琉球王朝時代に首里城で育まれた宮廷舞踊です。
首里城とその周辺では芸能・音楽が盛んに演じられ、美術・工芸の専門家が数多く活躍していました。首里城は文化芸術の中心でもあったのです。

首里城敷地内で週4日、1日3回の琉舞が開催されています。琉球舞踊の魅力を存分に堪能できるイベントです。
観覧無料です!

ライトアップ

ライトアップ

首里城公園では、毎日、日没から24時まで、城郭及び外観施設のライトアップを実施中です。
幻想的な雰囲気を醸し出しています。
龍潭池(りゅうたんいけ)から綺麗に見れます。
※機器整備・点検のため点灯しない日があります

歴史

琉球王朝の国王の居城であり、国王の居城であり、外交・政治の舞台ともなった王国の心臓部です。かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にありました。
首里城の創建年代は明らかではないが、近年の発掘調査から最古の遺構は14世紀末のものと推定され、三山時代には中山の城として用いられていたことが確認されています。
首里城は内郭(内側城郭)と外郭(外側城郭)に大きく分けられ、内郭は15世紀初期に、外郭は16世紀中期に完成したとされています。
尚巴志が三山を統一し琉球王朝を立てた後は首里城を王家の居城として用いるようになりました。

1453年(享徳 2年)王位争い(志魯・布里の乱)で城内は完全に焼失
1660年(万治 3年)二度目の消失
1709年(宝永 6年)三度目の火災で正殿・北殿・南殿などが焼失
1933年(昭和 8年)国宝に指定
1945年(昭和20年)沖縄戦(第二次世界大戦)によって大破
1958年(昭和33年)守礼門が再建
1972年(昭和47年)日本復帰後に国の史跡に指定(5月15日指定)
1992年(平成 4年)正殿を中心とする建築物群などの首里城公園が開園(11月3日)
1993年(平成 5年)NHK大河ドラマ「琉球の風」の舞台になる
1999年(平成11年)都市景観100選を受賞
2000年(平成12年)記念紙幣2,000円の絵柄に決定
2000年(平成12年)世界遺産の文化遺産として登録
2011年(平成23年)NHK BS時代劇「テンペスト」の舞台になる
2012年(平成24年)劇場版「テンペスト3D」の舞台になる

アクセス

駐車場あり(有料:大型940円、小型310円)
車:那覇空港から約40分〜60分。識名園から約10分〜20分。
ゆいレール:首里駅下車後、バスで約3分、徒歩で約15分。
バス:以下のいずれかの路線に乗車、首里城公園入口に停車します。
・1番 首里牧志線(那覇バス市内線)
・8番 首里城下町線(沖縄バス)
・17番 石嶺(開南)線(那覇バス市内線)
・46番 糸満西原(鳥堀)線(那覇バス市外線)


より大きな地図で 無題 を表示

その他情報

観覧料:エリアによって有料になります。
一般 (大人800円、高校生600円、小・中学生300円、6歳未満 無料)
団体20名以上(大人640円、高校生480円、小・中学生240円、6歳未満 無料)
年間パスポート(大人1,600円、高校生1,200円、小・中学生600円、6歳未満 無料)

開園時間:時期によって変わります
4月〜6月 8:00〜19:30
7月〜9月 8:00〜20:30
10月〜11月 8:00〜19:30
12月〜3月 8:00〜18:30

休館日:7月の第1水曜日とその翌日
問合せ先:首里城公園管理センター TEL(098-886-2020)

公式ホームページ:http://oki-park.jp/shurijo-park/index.html


Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/9/sd0124689/okinavi.net/data/okinavi_template.pdat on line 69

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/9/sd0124689/okinavi.net/data/okinavi_template.pdat on line 78