Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/9/sd0124689/okinavi.net/data/okinavi_template.pdat on line 28

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/9/sd0124689/okinavi.net/data/okinavi_template.pdat on line 35

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/9/sd0124689/okinavi.net/data/okinavi_template.pdat on line 36

ホーム> 観光ガイド> 【世界遺産】 王陵

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/9/sd0124689/okinavi.net/data/okinavi_template.pdat on line 57

【世界遺産】王陵(たまうどぅん)

琉球王国、第二尚氏王統の歴代国王が葬られている陵墓です。世界遺産のひとつで沖縄県最大の破風墓(はふうばか)です。破風墓(はふうばか)とは、沖縄特有の墓の形式の一種で家屋同様の屋根があるもののうち、屋根が破風形となっているものです。
そもそもは第二尚氏王統第3代王の尚真(しょうしん)が父である尚円王(しょう えんおう)を葬るために建築したものです。

王陵(たまうどぅん)

王陵(たまうどぅん)

玉陵は中室、東室、西室の3つの建築物に分かれています。中室は葬儀の後、当時の琉球の葬制に基づき遺骸が骨になるまで放置し、数年後に骨を取り出して洗骨していました。洗骨後は遺骨を骨壺に収め、王及びその妃の骨は東室に納められ、他の王族は西室に納められています。
墓室内部は天然の岩壁をくり貫いて造られているらしいです。外部は切石積の家型としていて沖縄特有らしいが木造建築のように見えるからか破風墓(はふうばか)と呼ばれます。
建造物の外は外庭、中庭に石壁で仕切られており、中庭には珊瑚の破片が敷き詰められています。

歴史

第二次世界大戦末期には、日本軍総司令部に近かった玉陵は首里城と共に集中砲撃の巻き添えに会い、東室・西室が破壊されるなど大きな被害を受けました。
大部分は戦後に復元さています。
また第二次世界大戦で亡くなった旧制沖縄県立第一中学校(現・首里高等学校)の生徒を弔うための「一中健児の塔」などが近くに建立されています。

1501年(文亀 1年)建設される
1945年(昭和20年)沖縄戦(第二次世界大戦)によって大破
1972年(昭和47年)玉陵墓室石牆が指定国指定重要文化財(5月)
1972年(昭和47年)全体が国指定史跡(5月)
1972年(昭和47年)石彫獅子と玉陵碑が県の有形文化財(5月)
1977年(昭和52年)復元
2000年(平成12年)世界遺産の文化遺産として登録(11月)

アクセス

近くに駐車場あり(有料)
場所は那覇市金城町、首里城公園のすぐ傍にあります。
交通アクセス:沖縄都市モノレール線(ゆいレール)終点の首里駅からバス(所要約3分)、徒歩(約15分)。


大きな地図で見る

その他情報

墓室内部を見学することは出来ないですが、敷地内には入場出来ます。

開園時間 9:00〜18:00 (入場締切17:30)
観覧料あり(大人200円 小人100円)※20名以上の団体は大人100円(16歳以上)、小人50円
休館日:年末年始(12月28日〜1月4日)
問合せ先:玉陵管理事務所 TEL(098-885-2861)

関連リンク: 那覇市ホームページ>玉陵


Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/9/sd0124689/okinavi.net/data/okinavi_template.pdat on line 69

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/9/sd0124689/okinavi.net/data/okinavi_template.pdat on line 78